転勤の可能性がある薬剤師の求人について

薬剤師が活躍できる職場は数多くある

薬剤師が活躍できる分野は数多く存在します。
最も身近な存在としては、かかりつけの病院に併設されている調剤薬局です。
また、総合病院内の薬局、ドラッグストア勤務などもほとんどの人がイメージできる職場です。
しかし、一方で先進的な薬剤の開発に携わる製薬会社などに勤務している場合もあります。
転勤が少ないと思いがちですが、決してそうではありません。
会社員であれば当然にありうることです。
ドラッグストアなどでも大手の企業の場合には、全国に店舗がありますので、定期的に配置換えを行うこともあります。
転勤をする可能性があることは、ご自身のライフスタイルに大きくかかわることですので、しっかりと求人内容を把握する必要があります。
地元でずっと働きたい、地元で腰を据えて仕事がしたいという人は少なくありません。
しかし、地元に密着した職場での勤務を最優先しますと、ご自身の能力を発揮することができないことになる可能性も高いです。
最新の薬剤に関する知識は大学病院や製薬会社の開発職でなければ得られることができません。
調剤薬局にも当然、新薬の情報などが伝えられ、患者に処方をすることもありますが、多くの新薬情報を得られるわけではありません。
立派な国家資格で、大学の薬学部で6年間勉強をしたあとに資格を得ることになるのですが、医師のように高い収入が得られるわけではなく、特に調剤薬局のような場合には、民間の大企業の従業員などに比べると収入が低いケースもあります。

薬剤師が活躍できる職場は数多くある / ライフスタイルに応じた働き方が求められる女性 / 多くのママさん薬剤師の復活が望まれる

年収を上げる求人を選ぶために引っ越しをした薬剤師

薬剤師になれば高年収になれるという思いを高校時代に抱いていたので薬科大学に進学しました。
必死に勉強して卒業する段階になり、就職活動も高い給料を期待できると信じて大手の薬局を選びましたが、
その時点でしっかりと情報収集を行っていなかったのは失敗だったでしょう。

初任給だけを見ていたので大手の薬局は魅力的だったものの、年収が伸び悩んでしまうとは思ってもみませんでした。
確かに昇進がないのであまり昇給の機会がないというのはよく考えてみればわかることですが、
このままでは十年もすると薬剤師でない人が一般企業に勤めていた方が高年収になるのではないかと思い、
何とか資格を取った意味を見出だせるようにしたいと考えるようになりました。
このまま働いていても埒が明かないので、転職することにしたのです。
もっと年収が高くなる職場に転職すれば良いという単純な発想でした。

求人をよく比較してみると薬局という枠であっても地域差が大きいということがわかりました。
都心部の方が高いだろうから上京しようと思って調べ始めたのですが、実際には地方の方が待遇が良い傾向があると気づいたのです。
よく比較してみなければわからなかったことでしょう。
もともと地方出身で都心近くの薬科大学に進学し、その近くで働いていたので地方に行くのにためらいはありませんでした。
まだ独身の身でフットワークは軽かったので、今が好機だと考えて早速転職活動を開始しました。
ただ、どの地域にするかを選ばないと面接を受けに行くだけでも大変なのは確かです。
それがこの転職活動で最も大変なところでした。
将来的に給料相場が下がってしまっては元も子もないからです。

今の状況はわかっても将来のことはわからないというのが結論でした。
引っ越し先として選んだのは結局は自分の地元の県であり、もともと住んでいたところに比べると農村が広がる田舎の地域です。
ここに店舗展開をしていた中規模程度の薬局で高い給料での求人が見つけられたので志望しました。
人材不足が著しかったのかすぐに採用を決めてもらえたので、二週間ほどの引越しのための猶予をもらった上ですぐに働き始めることができました。
月額で8万円ほど上がったので約100万円ほど年収を上げるのに成功した転職です。

求人を比較するともっと高い給料で働けるものもあったのですが、この求人が魅力だった点が二つあります。
一つは転勤や異動がないのが原則になっていることでした。
転勤で都心に向かわされてしまうことになると給料が下がってしまうリスクがあります。
広く店舗展開をしている薬局なので、場合によっては転勤もあり得るだろうと考えていたのでこの待遇は魅力的でした。
もう一つは手当が厚いことであり、住宅手当がかなり多くて実質的に家賃は払わなくて済んでいます。
また、結婚手当や出産手当もあるのでこれから結婚相手を探して家庭生活を行っていく上で重要な手当があって良いと考えたのです。
地元に近いこともあって昔の友人の伝を使って結婚相手を探しやすいだろうという魂胆もありました。

現場に出てみるとそれまで働いていた薬局とそれほど大きくは仕事に違いがありません。
小さな病院やクリニックが近くにあるので、その処方箋を持ってくる人が多く、少し慣れてしまえばいつもの処方箋という感じで調剤を行えるようになりました。
薬剤師の数は少ないですが、処方箋枚数もそれほど多くないので仕事が過密になっているほどではありません。
医薬品の在庫管理も管理システムが入っているので簡単に行うことができています。
これでもともと高めだった年収がさらに飛躍的に向上したのだから転職としては成功だったと感じています。